禁煙で新しい人生を

禁煙後には違う世界が

禁煙に成功された方がよく言うのが、禁煙して世界が変わった、ということです。

 

水やお米といった普段何気なく口にしているものの味が格段に美味しくなった、空気がおいしく感じるなど、タバコの煙で鈍っていた間隔がもとに戻り、味覚や嗅覚が敏感になるようです。

 

タバコは百害あって一利なしと言いますし、どうかんがえてもさっさとやめてしまうべきです。
タバコを長期間に渡って吸っていた人の肺はニコチンやタールで真っ黒です。
もちろんガンになる危険性もすっていない人と比べると何倍も高く、お金を出して寿命を縮めている状態です。

 

しかし、禁煙に成功してタバコを吸わなくなると、肺は徐々に元の綺麗な状態に戻っていくという事が研究の結果で分かっています。
つまり、長い間喫煙して肺を汚くしてしまっていいても、やり直すことが可能なのです。

 

もちろん早くタバコをやめればそれだけ肺がきれいになるのも早いので、出来るだけ早く禁煙に取り組むべきです。
肺がんになってからでは遅いのです。

 

タバコを吸っていると当然タバコの臭いには鈍感になります。
タバコをやめてから吸っている人の近くにいくと、その時すっていなくても服から臭いがプンプンすることに気が付きます。
また、コーヒーを飲みながらタバコをすっている人の口臭は本当にきつく、周りにしたらもう耐えられないレベルの臭いです。

 

また口臭だけでなく、カーテンやソファ、絨毯など家具にも臭いはしみつきます。
臭いだけでなく、有害物質も家具にのこることになりますので、部屋の中でタバコを吸っている人はご家族にも悪い影響を与えているということを自覚するべきです。
車もそうですよね。
車内で喫煙している人の車には乗りたくありません。シートからも臭いがプンプンします。

 

一度タバコをやめれば、自分がタバコを吸っていることで周りに人間にどれだけ迷惑をかけていたかに気付けることでしょう。
今からでも遅くはありませんので、タバコをやめて綺麗な嗅覚をとりもどしましょう!